社会人向けビジネスIT講座『Excel関数を使おう』が開催されます

社会人向けビジネスIT講座『Excel関数を使おう』が開催されます

2009/8/12 水曜日 13:13:10

2009年度第2回社会人向けビジネスIT講座(9月開催)のご案内です

締め切りました

講座タイトル 『Excel関数を使おう~シミュレーションを題材にして~』

講座内容

Excelの関数は約300個以上あるといわれてますが,そのうち実際に使ったことがあるのはSUM(和を求める)やAVERAGE(平均を求める)などの簡単なもの,少し詳しい人ならIF(条件で式を変える)やCOUNT(セル数をカウントする)などではないでしょうか.
Excelには使い方を知るとかなり便利だと思える機能が満載ですが,扱える関数を増やすこともまたExcelの便利さを体感することの1つでしょう.

ただし,300以上もある中からどの関数を学ぶかを決めるのは難しいので,「待ち行列シミュレーション」をメインテーマにして,いくつかの関数を紹介します.「待ち行列」とは,レジに並ぶ客,駅前の客待ちするタクシー,渋滞を作る車の列のような様々なところにできる行列のことです.また「シミュレーション」とは,現実には複雑な仕組みで発生する事象を,コンピュータなどで再現する模擬実験のことです.

本講座では,Excelの基本操作ができる方を対象に,簡単な「シミュレーション」課題を通じて,いくつかのExcel関数の使い方を学習していただきます.受講者の「シミュレーション」についての知識の有無は問いません.今回は,Excel関数使いになれるとともに,シミュレーションという手法に触れることができるという一石二鳥な講座となっております.

講座の具体的内容としては、

- 待ち行列シミュレーションとは
 – 乱数って?       RAND
 – 到着率とサービス率  LN

- 例1:タクシー乗り場の行列
 – データの並べ替え   SMALL
 – 配列の利用      IF

- 例2:行列のできるラーメン屋
 – どのメーニューにする? LOOKUP

といったものを予定しています。

(*内容は変更されることがあります。)

講座案内
対象:  社会人
     (受講前提条件)Excelの基本操作ができること
定員:  15名(先着順)
場所:  名古屋市立大学山の畑キャンパス3号館(経済学部棟)
      3階データ分析室
日時:  平成21年9月9*,16日(第2,3水曜日)
      6時半~8時半
     *7月の広報誌の記述から変更になりました
受講料: 無料
申込方法:
    it-kouza[at]econ.nagoya-cu.ac.jp宛に、
    氏名、住所、電話番号、および電子メールアドレスをご記入の上ご応募ください。

資料: 9月9日分 (講座で使用した関数を挿入したシートはこちらです)
     9月16日分
  右クリックしてファイルの保存を行ってください

アンケートにご協力ください →フォームはこちら

Comments are closed